上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちゃいました。
半徹フタタビです。
こういう、懲りないヤツのことをなんていうんだっけか。うーん、うーん。
だってやっぱ、おもしろかったんですもん、宮部みゆき氏「ブレイブストーリー」

彼女の、少年の書き方のうまさには、何度も感服しておりますが
今回もやっぱりやられました。
これ、今年の夏、アニメ化されるのですってね。
ってことは、これから、読む人はもっと増えるんでしょうね。
ワタルの声が松たか子で、ミツルは姫のお気にのウエンツくんですってさ。
小学五年生役のウエンツってどうなん?(笑)

ま、アニメは置いといて、この小説ですが、まず、ものすごーく長いです。
上下巻あわせて、1400ページ弱。模倣犯並み。軽いけどレンガ本。
けど、お話としては、SF・・・つか、ファンタジーか。ゲームの世界の話ですもん。
私はロマサガ、やったことないんで、ロマサガを踏襲してるかどうかは知りませんが、
主人公は「ロマンシングストーン サーガ」なるシリーズのゲームをかなりこなしてる子で
だから、幻想世界と実世界の両方を、すんなり受け入れられるんです。
この設定、主人公が20歳過ぎてたら、ウソくさくなったでしょうし、
実世界で、両親の離婚話に翻弄されるのも、
ミドルティーン以上だったら、きっとぐれちゃっておしまいだったでしょうが
設定5年生だもん、まだ少年ですもん、うまいとこ突いてるよなと思わざるを得ません。
まあ、5年生にしちゃ、ミツルくんは、あまりに世間ずれしてる気もしなくはないけど・・
イマドキの5年生ならいるんだろうか、いるかもしれないなあ・・・

RPGに抵抗のない大人なら、十分楽しめる本ですが、
その手のゲームやったことないと、ちょっと展開は辛いんだろうか、どうなんでしょうか。
あたくし「魔人英雄伝ワタル」はちびっとやりましたわね、今は無きPCエンジンで(笑)
あのワタルとは関係ないのかしらね、
宮部氏、自他共に認めるかなりのゲーヲタだそうですし、
空想世界での展開は、RPGやってるみたいに楽しいです。
ゲームのノベライズ版より、絶対楽しめること間違いなし!<太鼓判
うちの子らに、読ませてみて感想聞きたいかな、私としては。

で、水曜日になってこんな↑無茶やってるから、影響でまくりでございまする。
あー、しわ寄せは明日以降です。ガンバラナクッチャ~。


今日から使い始めた、バスフォームの香りが、どうにもこうにも気に入りませぬ。
なんか、日本のメーカー名はついてても、フ○ブリーズといい、今日の○オレといい
独特の強烈な香り付けをしてるみたい・・・これってアジア向けだから?
日本の仄かな香りがなつかしーです、ってか、普通の石鹸の香りでいいのに・・

【2006/02/01 23:40】 | 読書 トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。