上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラマダン明けの宣言が、テレビで行われる、とかいう話を聞いたので
夕方から、ずっとこっちのチャンネルを見ていたのだが、一向になし。
そうこうしているうちに、日は暮れて、相方が戻ってきた。
宣言がどんなものか見たくて、テレビつけてるんだ、と言ったところ
あわせるチャンネルを間違ってるんじゃないの?とのこと

・・・ありうる。

うちは、ケーブルを英語で契約してるから、他言語は、マンダリンのニュースと台湾の放送が入るのみ。
そっか~、ラマダンならマレー語放送か、ちっ、ウカツでありましたことよ。
どんな宣言なのか、興味あったのにな、残念。


本日は、朝見た、占いによると、運気最高。
何をやってもうまくいくし、何かしたくてうずうずするそうな。
そうなのかなー、じゃ、出かけようかなー、と、午前中迷っていたのだけれど
結局、家でぐずぐずと過ごすうちに、午後になってしまいまして。
まあ、こんな日もあるさと(こんな日ばっかりの気もするが、というご意見は、ご遠慮ください)
のんびり読書三昧ということに。
 
梓林太郎 大雪・層雲峡殺人事件
三谷幸喜 古畑任三郎 1・2
鳩笛草   宮部みゆき

この人の本なら、読んだら面白そう、という作家を求めて、さすらい進行形のワタクシ。
「本格的山岳ミステリー」という文句に誘われて借りたけど・・・
ん~、こういうのが本格的なわけ?と疑問符つけてしまいそうです<梓氏本

ドラマのノベライズは、たいてい面白くないものだけど、脚本家が書いた小説ということで
文庫本の1と2を借りました。
全部、見たことのあるお話だけれど、結構おもしろく読めました。
多分私が、古畑シリーズが好きだからだな。
でも、今泉が出てこない古畑モノってのは、ちょっと違和感が・・・<三谷氏本

いずれも市井で普通の生活を送っている、あるいは送りたい、超能力者の女性のお話。
3つからなる、短編集でした。
クロスファイアの主人公 、青木淳子の話だけが、とてもかなしい<宮部氏本


さすがに、軽くても重くても1日に4冊は疲れましたわ。
無理はいけませんな、何事も。ええ、過ぎたるはなんとやら、と申しますゆえ。
それにしても、99点。
あの高得点の運気は、私のどこに消えてしまったのでありましょうか、う~ん。

【2005/11/02 23:06】 | 読書 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。