上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日10月31日
日本でもポピュラーな、ハロウィンの日
もともとは、ケルト人のお祭りなんだそうで、ケルト人が少数民族であったらしいロンドンでは、
私の在英中(1990~1995)は、騒いだことなどほとんどなかった。
日本におけるアメリカ輸入の知識は、イギリスのそれを凌駕しているのだな、としみじみ。
ただし、この頃はイギリスでもお祭りのひとつとして、楽しめる、という話。

ご当地、シンガポールはどうなんでしょうか?
うちのコンドミニアムも、欧米人は多いのだけど、子どもの数はそんなにいないっぽいからなー。
一応、チョコのザル盛り(笑)は、用意しました。
けど、誰も来なかったら、誰が食うんだよ・・・

11月1日 ディーパバリ
ヒンドゥー教で一番大切な、光のお祭りなんだそう。
お正月のようなもので、新しい衣装で、寺院にお参りし、親族を訪ねるのがならわしなんだとか。
今、リトルインディアに行くと、いろんなイルミネーションが美しいそうです。
はい、伝聞です。出かける予定はない。人ごみは好きじゃないもんで。

11月3日 ハリ・ラヤ・プアサ
ラマダン(断食月)明けの、もっともめでたい日なんだそうです。
こちらも、男性は新しい衣服でモスクに行き、その後は友人や親戚を訪問するのですって。

一週間に、民族のお正月が二つも重なるし
今週は飛び石休日ばかり、ということで、この時期に旅行に行ったりしてる人も多いらしい。
学校は、インター系はお休みなのかな、中華系はやってるみたいだけど。
子どもが居ないと、休みにも疎くなります。


☆The Legend of Zorro
チョコ買いに、出たついで・・・もあって、見て来ました。
今回は、オーチャードのリドシアターで。
今までで、一番観客を沢山見た気がする。それでも全体の1/5も埋まってなかったと思うけど。

オーチャードに着いて、時計を見たら、開始時刻の10分前。
バスが間に合えば見よう、と思ってたのでラッキー!
チケ売り場に飛び込んで、周囲に人のいない座席を指定して、シアター入りしました。

私は、前作の「マスクオブゾロ」を見てないんだけど、見たいな~と思っちゃいましたよ。
やっぱ、勧善懲悪のチャンバラ劇は楽しい!
主人公たちはこぶつき(笑)でも、美男美女だし、
対する悪役もばっちりカッコイイし、いやいや、面白かったです。
ゾロといえば、私の中では、ずっとアラン・ドロンだったのだけれど
バンデラスも一緒に並べてあげようっと。

主役と悪役、どちらも40代半ばというか後半というか、というびみょーなお年頃なんですが
アクション、決まってましたよ、ホントいいなあ、西洋チャンバラ劇って。

付け加えると、劇中のバンデラスのスペイン語が、これまたいいのだわ。
F1ドライバーのスペイン人は、ぜーんぜん好きじゃないけど(←余計なヒトコト)
バンデラスのスペイン語って色気ありまくり、ぽわぁん。


というわけで、お疲れの週末から、一転明るく迎えた週明けの今日、月曜日
今週も、どうぞ、いいことがありますように。

【2005/10/31 17:57】 | 映画 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。