上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

具体的に調査したわけではないのだけれど、
日本人の(特に女性の)ゴキブリ嫌悪度は、
他民族の追随を許さぬものがあるのではないかと思われ。
ワタクシもその例に漏れず、何年生息地に住んでるのよ~、といわれても、
こればっかりは慣れることがない。
嫌いです。
見るのも嫌です。

イギリスで、何がシアワセだったといって
この手のムシとの関係が薄くなったことほど、ヨロコビを感じたことはありませんでした。
いない、というわけではないんですが、目にする確率が少ないんですもん、
それだけでもシアワセだったわ、ああ、ナツカシの日々よ(笑)

ところでそのイギリスで、一番目の敵にされてるのは、ネズミじゃないでしょうか。
一度、住んでいた辺りで、ねずみの出没があったとかで
イギリスにしては、驚異的なスピードで
保健所の人が、各戸の排水溝を調べ、薬を投下し、金網なんぞを貼って回ってました。
香港在住時、知り合った英国人のオクサマも、ゴキなんかを台所で見ても平気なのに
フラットにネズミが出たという噂が立ったときは、ものすごい勢いで衛生署だっけ
電話してましたもん。
まあ、香港辺りでゴキが出たからと、衛生署に文句言ってくる人もおりますまいが。
それが、たとえ食べ物関係のところであれ。。。

さて、当地です。
ここはなんたって、蚊だと思うわ。うん。
これまたお知り合いの中国系の方の家に、突然保健所の人がやってきて
家中の、プラント検査をされたんですって。
そういうのは珍しくないっぽいですよ。
で、プランターの水受けなんかに、ちょっとでも水が溜まってると厳重に注意され
悪質な場合(ぼうふらなんかが見つかった場合)は、即罰金だそうです。
クーラーの排水も同じ。
集合住宅の共有スペースに、置いてあるプラントとかで、そういうものが見つかれば
マネージメントが罰せられるそうで。

まあ、たしかに日本脳炎とかデング熱とかマラリアとか
熱帯における蚊というのは、やばい病気の仲介をする危険性が高いので
これくらい、用心しないとまずいんでしょうけどね。
ちなみに我が家があるコンドミニアムは
(こっちじゃフラットといわずに、こう呼ぶんだけど、どうも慣れない(汗)
月に2回、蚊やその他のムシ退治のための、消毒作業が行われます。
今日は、その該当日だったんだけどね、朝から大雨だったから、やらなかったのかしら。
それとも、やってたけど気づかなかったのかしら。

晴れた日にやられると、
そりゃもう、アラームがなるほどの白煙が立ち上るんですよ、すごいよ、ホント。
最初はてっきり火事だと思ったよ。

まあ、これほど神経質になってるお陰で
赤道直下にして、ハエ・蚊の類には、そんなに悩まされない生活が送れるわけですが。
日本人は誰しも、あの白煙を見ると、かえってそっちのほうの害を心配しちゃいますけどね。


ところで、もうそろそろ終局を迎えるとか、まだまだだとか言われてる韓流。
ワタクシは、ちら見して、体格のいいハンサムさんが多いな、とは思いつつも
別に、流行ろうが廃れようが、どっちでもいいや、のスタンスだったわけですが
(見たことがないし、今のところ見たいとも思わないので)
映画館で「四月の雪」の予告編を見てて、すごく違和感を感じてしまいました。

ヒロインが、声を上げて、それも子どもが泣くように大声で、泣くんですよ。
悲しみの表現だと理解はしますが、やっぱ、ダイの大人が、大声で泣くのって、なんかヘンだな。

日本人は、少なくともこの頃の映画とかテレビドラマとかじゃ、
ヒロインが「ををを~」と叫ぶように泣くシーンって、無い
・・・と断言しちゃいけませんかしら。
昔のドラマはどうだったんだろうね。
このドラマのヒロインは(アニメは除く)叫ぶように泣くよ、
ってのがありましたら、是非とも、教えていただきたいです。簿謝は出ませんが(をい)

【2005/09/22 18:12】 | シンガポール生活 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。