上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ、最終コーナーにさしかかってまいりました。
最後まで居残っていた次男が、来週日本に戻ります。
7月の終わり、三男がやってきたとき、
さすがに、それまでのオトナ二人の生活に慣れていたせいか
わが子ながら、うっとおしいと思ったこともありましたが
みんなが行ってしまうと、やっぱりしみじみと淋しくなるんだろうなあ。

というわけで、今日は次男とお買い物デー。
こういうことでもないと、家にいることのない、
糸の切れたタコ、あるいは戻らないテッポーダマの彼、
今日は殊勝に、母親にくっつきまわっておりました。
「日本、もう寒いんだって、長袖欲しいなあ」
「デスノ8巻出たんだって、これ集めてるんだろ」
「BONJOVIが日本なんだって、アルバム出てんのかな」

親の財布は無尽蔵だとでも思ってるのか(喝!)

とか言いつつ、まあ、歩き回ってしまったのですがね、二人で。
で、夜は、次男の希望により、再びチリクラブを食しに、相方と合流してクラークキーへ。
ジャグ2杯のタイガービール、トウミョウのガーリック炒め、チリクラブ1パイ、ホタテの野菜炒め、海鮮チャーハン
これで〆て130ドル弱(8500円くらい)
週末は予約しないと入れない人気のお店らしいのですが、やっぱり手ごろなお値段ってのが大事ですよね。
ちなみにここ、日本語メニューがございました。


☆エカテリーナ
昨夜、ロシアよりご帰国の某方とお話したときに出た話題。
ロマノフ王朝の最盛期を飾った女帝の話を池田理代子さんが描かれてるそうで。
ワタクシ、浅学にして、ベルバラすら、読んだことがなかったのですが
今日図書館に行ったら、運良く3巻揃っておりましたので、借りてきてしまいました。
マンガってよいわ。厚くたってさっさか読めますし。
歴史の理解にマンガから入るってのは、まんざら捨てた方法でもなさげですわね・・などと今更(笑)


☆WAKE ME UP WHEN SEPTEMBER ENDS
GREENDAYのアメリカンイディオットの中の一曲なんですが
出だしを聞いたときに、てっきり、私が昔好きだった某グループのヴォーカルが歌ってるのかと思ったくらい
歌い方がよく似てた。
特異な声、というと、アレですが、貴重なお声だと思います、秀一さん。お久しぶり(馴れ馴れしいったら(笑)

なーんて思ってましたら、彼ら、今年、結成12周年で、記念のアルバムを出すのですと。
ベストアルバムと言う名に騙されて(違)出るたびに買ってしまうのがファンの宿命とはいえ
ベスト、と言う名を乱発しすぎだと、この頃は滅多なことでは日本のグループのアルバムなど買わないのですが
これは買ってみようかな・・・なんか、ひどく懐かしくなってしまったので。


ところで、唐突にF1ネタですが、マクラーレンの某氏が、
今年のフェラーリの低迷は石橋のせいじゃないよーという発言をしておいでで。
ふーん、マクの石橋回帰の布石かな、なんて、ナナメ読みもいいとこですかしらん(笑)
どうも、裏・ナナメ・横読みしすぎになりますね、噂先行の世界ですから、あそこは。

【2005/09/16 22:58】 | 趣味 シュミ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。