上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男は家に居つきません。今日は、朝飯もいらんとか抜かしやがり、家を飛び出していきました。
アイツは親を、目覚まし付きATMだと思ってやがる・・・ぷんすか。

相方は、今週の日曜の朝から出張で、次の日曜の夜に戻ってきます。
ったく、親はせっせと仕事して子どもを養ってるのに、子どもに感謝の気持ちはあるのか?
え?あるのか?キミたち??

とかね。

その昔、相方の母上と申しますか、義母と申しますか、姑ですね、
姑が元気だった頃、の話です。
相方の家とわたしの実家は、歩いても20分くらい、近いのです、なんたって同じ中学校区ですから。
ですから、実家に戻ると、あっちの家にもカオを出さねばならん。
カオを出して、家のことをちょこちょこやって、さー、お茶でも・・・というと
これがネタなしなんですな~。茶飲み話。
世代違うし、あたしは、相方のご近所さんも知らんし、親戚もまったくわからんし。
必然的に、相方の小さい頃なんかの話を、何度も聞くことになるわけで。

まあ、ある程度の息子自慢は、笑って流せるわけですが
中には「そりゃ違うでしょ、おかーさん」とツッコミ入れたくなるネタも少なくない。
その一つが「○○<相方の名 は、俳優のだれそれに似てるってよく言われるのよね~」
とうっとりマナコ、しかしマジ顔で言われると、返答に困るの何の・・・
似ても似つかぬ、を100とすると似てない係数98.5(1.5はサービスポイント)だと
結婚相手のワタクシが、かなりの贔屓目色眼鏡で見てもそう思うのに、
(そんなにイイオトコじゃないっすよ、マジで、と声高に叫べるものなら叫びたい)
あー、母親にとって息子って永遠のアイドルなのね~、
と、しらけ気味に思っていたことでした。
でも、今、ろくに話ができなくなった義母のことを思うと
リップサービスでも何でも、もっとあの時沢山話をしておけば良かった、なんて後悔しますから
人間の感情なんていい加減なものですよねー、ほんとにね。
先に立たないから後悔なんだろうけど。


翻って、次男です。
人相が悪いのです。
どのくらい悪いかと言うと、ほぼ、フリーパスのシンガの荷物検査で
引っかかって、荷物のX線検査を受けさせられるくらい。
(今回の次男の飛行機の客で、呼び止められたのは、唯一、彼だけだった)
そういうヤツですけどね、私にとっては、ま、ちょっとは可愛いムスコなわけですよ。
で、アノ子は、俳優のだれそれに似てる、とヒソカに思ってるわけですよ。
でも言わない。
言うとオヤバカ丸出しだもーん。
そのくらいの自制心はまだあるのだ、うん。

そんな話を、他にはできないから、長男と、ぐだぐだくっちゃべっておりましたら
珍しく、次男がだれそれに似てると言う点では、一致してしまいました。
うーん、第三者の意見を聞きたいな~、でも、最近の次男の顔を知ってる人っていないしなあ・・・
と、アホなことを考えてるワタシ・・・すみませんねー、今日はオヤバカ話で。

【2005/09/01 15:26】 | 家族 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。