上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族二人ならば、十分な容量の、洗濯機と乾燥機がある。
シーツだのカバーだのを洗うのでなければ、二人分の洗濯物の量など知れているのだが
2日以上ためて置くのは、危険な気がするので、最低2日に一度は洗濯機がうなる。

で、妙なところでケチな性格が災いして、洗濯するときは
一応、部屋の点検を怠ってないつもりだったんですよ。
だって、ドラム式だから、一度蓋を閉めると、90分くらいあけられないんだもん。
なのに、今日はワタクシのTシャツを、二枚も忘れてやがりました、ちっ
。。。誰のせいでもありませんが。。。ちっ。。みんな、お前が悪いのさ。
まあ、明日は相方がもどってくるので、夜にでも洗濯機を回すことになりそうだから
Tシャツの待ちぼうけは1日なんですけどね、それにしても悔しいわん。


☆天国の扉
かの有名な、くらぷとんさんの曲ではなく。
ビバップの劇場版、見終えました。本編も最後の2話を残して見てしまったよ。
映画は、さすがに気合が入ってて美しい仕上がり。
なんたって、レギュラーはじめ、豪勢な声優陣ですし。
ストーリーについては、割愛しますが、
まあ、ライダーものを劇場版にしたレベル・・・ってかんじ?
美味しいとこ取りっつーか、お約束満載っていうか。
もともと、本編の仕上がりからして、高レベルですし、期待は、裏切られちゃおりません。
いい意味でも悪い意味でもね。それが残念かも(どーいう意味じゃい)
それにしても、山ちゃん、あんたはすごいよー。
ちらりとも、「おっはー」はアタマをよぎらなかった(笑)


☆スリ話
ときどき覗いてるサイトの管理人さんが、スリ被害に遭われたそう。
あらら・・・災難でしたね。
私も、通算3回スリに遭ったことがございます。
2回は香港、1回はロンドン。
香港は、前回の在港時で、子どもがまだ一人だった頃なのだが
一度は、街市で、買い物中、ぐずり出した子どもを抱き上げて、そのまま街市の外へでたら
ウデにしていたはずの時計が消えてました。
もう一度は、ディズニーオンアイスを、見に行った帰り
やっぱり子どもを抱き上げて、バスに乗り込んだとき。
座れてホッとして、ふとバッグをみたら、見事に財布が消えてた。
ロンドンは、ハロッズのセールのとき。
疲れたんで、友達の買い物袋を預かって、人込みから外れてホッとして、
バッグを見たら、やっぱり財布が消えてました。

さて、みなさん、上記の共通項はなんでしょうか。
それは、「心ここにあらず状態」なんですねー。
スリは、ちゃんと人物観察をしていて、
心ここにあらず状態の人間に目をつけて、かならず仕留めるんだそうです。
がっちがちに、緊張しまくる必要は、ないけど
それでもバッグの口に時々手をやるとか、そのくらいの気配りがあれば、簡単には掏られない
・・・んじゃないかな、たぶん(多分なのか(笑)
あ、でも、一回目をつけられたら、ダメだっつー話も聞くしな。
スリは、単独犯じゃないですからね。
乗り物に乗るときとか、えらくここだけ混んでるのね、ああ、やっと人込み抜けた
とホッとしたら、バッグの口が開けられてた、ってのはよく聞く話です。

日本人観光客ってのは、帽子をかぶってるからすぐわかる、なんだそうですが
そういや、日本人って帽子が好きよね。
色も白くて、美しくお化粧なさってて、こぎれいな方が多いですけどね。
まあ、この頃は、日本人が、多額の現金持ってる訳じゃないってのは、
常識事項になってるみたいですけど
(香港で言うと、メインランドのお大尽の買いっぷりは、バブル期の日本人のようです。
 当世の日本人なんて、絶対かないっこない)
無防備さでいうと、なんか、まだまだやなーと思うことは多いです。
当地、安全面では、定評がありますが
それでも、ホテルのビュッフェなんかで、無造作にバッグを椅子に置いて、
みんなして、食べ物取りに行くおばさま方
結構拝見するんで、こわくなるんですよね。
いくら、安全がウリの国に、安全なはずのツアーでいらしてても、
やっぱり最低限の危機管理は自分でやりましょーよ、うん。

と、GWも終盤、何かお役に立つ記事でも、と書いてみました・・・って今更何の役に立つのじゃー!


ネットで探した、古本屋さんに行ってみようと、朝から出かける気まんまん!(珍しく)
したらば、雨、でございました。
時折雷交じりで、激しかったり・・・この時間には止みましたが、もう行く気は失せたよ。あーあ。
折角、地図で場所まで調べておいたのになー。そういうことやるから、降るんだろうなー。ちっ。

【2005/05/06 18:40】 | 趣味 シュミ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。