上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日が旧暦のお正月なんで、今日は大晦日。
・・・間違ってませんよね(汗)
窓を開けてみたらば、結構風は強いし、小雨もまじってるかんじ。
そんなに冷え込んではおりませんが。
今頃は、ビクトリアパークの花市も、人で溢れているのだろうな。
さっき中継を見たけど、商売コレからが佳境だよー!って花屋のおじさんが叫んでた(気がする)
今年は景気もまあまあ、なんだって。勢いを感じますな、香港の。

ちょうど、旧正月の時期に、香港に出張に来たことのある人の文章を読んでたら
「香港人は、人込みの中にいると安心するにちがいない。あの混みようはちょっと異常だ」
とかあったのだが、うん。ワタシも賛同しちゃうね。
ホンコンピープルと同化するには、
まず、あの街中満員電車のようなヒトゴミを、快感と思えるようにならないと(笑)
邱永漢氏の、かなり昔のエッセイだかに
 お正月の花は桃。桃のつぼみのついた枝を買ってきて、
 部屋で咲かせ、その咲き具合で今年の運勢を占うのだ
というものがあったように、記憶しているのだが
いろんなサイトで見るところによると、桃は縁結びの花なんだってね。
若いオトコが、桃の枝を担いで買って帰ってるってのは、
ご縁もとめてますよーっていうサインだとかそうじゃないとか
・・・むう。ほんまかいな。
意味が変化して来てるのか、
台湾人と香港人は、桃の花の受け止め方が異なるのか、
どっちなんであらふ。
ちなみに、桃の枝っていっても、なまじの大きさのもんじゃないですよ。
まあ、小さいものもあるんだろうが、
うちのフラットに配達されてたのは、ワタシの身長をゆうに超えておりました。


次男が、香港を出て行った。
あの子は、兄弟中で一番ソトヅラのよろしい子で
フラットの誰とでも、いい加減な英語と広東語で会話をする。
こちらを出る前の晩には、律儀にフラットのウォッチマンさんたちに挨拶して行ったらしい。
相方が、今日、フラットのマネージャーに
「もうすぐお宅も引越しだそうで」と言われて驚いたそうだが
きっと次男がしゃべったからなんだろうな(笑)


次男とは、こちらに来て、最初に教えてもらったとんかつのお店で、最後の食事をしたのだが
さすがに、二人で、4年前を思い出して、じーんときたものだった。
振り返れば、一番多感な時期を、海外で過ごした子だったけれど
(最初の香港は生後1年まで、次のロンドンは4歳から9歳までだから)
今回、6週間ほど一緒に暮らして、たくさんの感謝の言葉を聞くようになった気がする。
それだけ、彼の気持ちのゆとりが出てきたのだろうし
生活とは、周囲に助けられて営むものだ、ということを彼なりに理解し始めたからなんだと思う。
今後、どんなところでどうやって生きていくのか、もう親が出ていく場は、ないのだが
どうかきみの未来に、大きな幸がありますように。


と、まあ、わかったようなことを書き散らしてみたけれど
本日、新たに問題発生。
クリーニングに出した、相方のスーツのズボンが破れちゃったんだってー。
修理するのに旧正月が挟まるから、時間がかかって
2月最終日じゃないと、出来上がらないんだってー。
「オットはその日はもういないから、もっと早く仕上げて来い!」と交渉してたら疲れ果てた。
日系クリーニング店なんだからさー、日本語でかけておくれよー、頼むよ・・・


気持ちが落ち着かないときに限って、問題はいろいろ起こるもの。
早めに車を手放して、運転しなくなったのはよかったのかもね。
さあ、明日はお正月だー、お年玉を配らなくては・・・(ため息)

【2005/02/08 22:24】 | 家族 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。