上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤウマンタイ 漢字で書くと「有問題」 直訳すると「そりゃまずいっすよ」・・・え?(笑)
朝起きたら、相方が会社に行くところだった。
平日だと、目覚ましの鳴る前に目覚める模範的ツマのワタクシとしたことがっ(部分的に虚偽申告有)
行くんだったら、「明日は休みだー、久しぶりにゆっくりできるなぁ」とか、前日に言うんじゃねー!
や、別に行ってくれても当方些かも困りませんが(なら文句ゆーな)
で、また寝た。
起きたら昼近かったけど相方戻らず。当然ネットしますわな、ヒマじゃけんの。
本日のネタはネットで見つけたヤウマンタイでございまする。


その1
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-041127-0005.html

奈良県での悲惨な事件が未解決だっていうのに。
該当幅年齢の保護者はどんな気持ちだろうと思うと・・・
「昔は子どもだけで登下校してたんだってね」っていう時代が間近だったりして。
保護者の送迎が日本でも当然になってしまうんですかね。
もっともワタクシは、
ある一定の年齢までは子どもだけでの行動を禁じるっていうイギリスの法律(あるいは慣習)を
そんなに奇異なものとは思いませんが。
地域の安全図るのは当然だけどさ、もう日本はちっとも安全な国じゃないもの。


その2
http://www.sanspo.com/sokuho/1127sokuho001.html

どうよ、これ。
世界に通用するサクラのマークの意気込みはどこへ行ったんだ?おい・・・
体格云々の問題だけじゃない気がするんだよね。このレベル差って。。。。

その3
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041127-00000021-maip-soci

この、「ヨン様現象」に関してはちょっと語りたいのだが、今回は置いとく。
面白かったのは朝鮮日報だかの韓国の女性のコメント(上の記事にはないです)
「こんなふうに出かけて並んで、離婚されないのは羨ましい」
なるほどねー。
ワタクシ、こっちの感覚もわかる世代ですもん。
某有名BBSに、
 オットを置いて旅行に出かけて戻ったときにどうしてありがとうといわなくちゃならないんですか?
 オットは出張なんかで出かけてもありがとうと私には言いません。
というトピが立ったことがあるんだが
ワタクシなんぞはいい加減ですから、ありがとうくらい、タダだしゆっとけよ、と思うんです。
が、やっぱ世代の若い方は、なんで同権なのにあたしだけがお礼言わなくちゃならんわけ?
と思うらしいのですな。
そう考えるのも無理ないよな、世の中変わったし、とも思う(いったいどっちなんだ、あんたは)

ちょっとこの辺の、ヨン様フィーバーがらみのオバチャンたちの熱狂振りを含め
自由に発言し行動する女性たち、についてはそのうちなんか言いたいと思います。
今日は面倒だから言わんが(おいおい)


☆部長島耕作
13巻、あっという間でしたが。ま、漫画ですしー。
やっぱ、漫画だもんなあ、と思えるご都合主義的展開もあちこちあれど
団塊の世代のサラリーマンの悲哀ぶりの描き方には共感を覚えました。
細かく取材してんだろうね。
だけどさー、元奥さんの扱い、ひどくないか?離婚の原因はどうあれ、オマエにも責任あるだろ、耕作くん。
とひとこと言いたかったです(余計なお世話)

☆エノさん探偵物語
あのー書名違いますが(笑)
実際は「百器徒然袋」といいます。風 と 雨という2冊の本が出てます。
もうめっちゃくちゃおもしろくて笑える、ただそれだけの本なんだけど、ときどきぐしゅっと来るし。
ただ、この本で笑うためには京極堂の本編を読まないとダメなんで、
この本の面白さに出会うための道のりはなかなか遠いかもしれん(笑)
こっちへのひとこと。巻末の写真、ありゃ詐欺でしょー京極先生!


喉の痛みは消えました、おかげさまで。
今日まで用心してやわらかものを食べてましたが、多分もう平気。
やっぱ粘膜関係は治りが早いわ(若さと言わないところが謙虚のカタマリざんす、ほほほっ)

【2004/11/27 23:51】 | ひとりごと |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。