上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のったりまったりの3要素がぱーぺき(死語(笑)に揃った週末の朝
みなさま如何お過ごしですか?
天気予報によると今日は日本は全国的に晴れ~
(この天気を大声で叫んでいたマンガの題名が思い出せない)らしいので、
花曇ってのはあたりませんな、でも香港は曇ってるみたい。


ワタクシ、気持ちはぐじゅぐじゅであります。
昨日、子どもに向って電話で吐いた言葉を反芻しては、落込み度を深くするばかり
吐いた言葉が戻ってくるなら取り戻してバラバラに壊したいのだけど
覆水盆に帰らず・・・
言った直後にすごく後悔してその後ずっと気持ちは乱高下を繰り返す
敏感な上の息子とツレアイがかわるがわるメールをくれたけど
どうにもこうにも感情の始末のつけようがない状態が続いて、
昨夜はほとんど眠れなかった。

自分は昔からイイコ志向が強かった。
うちの子ども達はどうなんだろうか?
そうでないことを心から祈ります。
親に縛られる人生なんて、ロクなもんじゃないんだから。

自分の感情のコントロールが難しくなる時期が、非定期的にやってくる。
これが更年期なんですかね、そう思うとちょっと気が楽なんだけど。
(・・なんでもそうやって更年期と括るのはヤメナサイ)


括るで思い出したこと
先週お土産にいただいた雑誌の一つがアエラで
なんかアエラは勝ち犬・負け犬特集をずっと組んでらっしゃるんだってね
(定期購読してないんでわからないんだけど)
今回のテーマは「負け犬の父 独り遠吠え」
そうやってあるカテゴリーに分けてしまうと精神的にラクになる
っていうのがコンセプトではあるまいが
これ、今年の流行語なんでしょうか?よく聞きますが。
世間知らずのワタシにも「30代・未婚・子無し」っていうのがなんたらで
・・・くらいの知識はある。
バツイチっていうカテゴリーができて、
離婚経験者は肩身の狭い思いをしなくなったと言うけれど
今回の負け犬組っていうのもそういう狙いがあるのかな。

んで、オトコはどうなの?うちなんか3人も未婚者抱えてるんですが。

母方の従兄弟連中には、親孝行なあまり未婚っていうヤツが結構いる
親と配偶者を秤にかけりゃ、親が重た田舎の世界(高倉健ヴォイスでお歌いください)
な地方に住んでるっていうこともあるけれど、これは傍で見てて少々ツライ
かたや、ネットを含めて存じ上げてる独身女性の華やかさよ。
それを負け犬という言葉で括ってしまった作者ってスゴイと思うんだけどね。

あー、そだそだ、その「父の遠吠え」の話なんだけど
微妙な「娘の父」の心情がね、なんかおもしろかったんです。
1度は嫁いだ姿を見たいものの、娘は家庭内では潤滑油だから手放したくも無い
そんな揺れる父心
なまじ優秀で高学歴の娘をもったばっかりにこんな悩みを抱えることになって
・・・みたいなね。
以前と比べると高学歴な職業持ちの女性は格段に増えましたし。
でもそういう父親も(母親も)、息子はなんとしても結婚させたいらしくて
一所懸命結婚相談所に通うとかさ。
親はオトコには結婚させたいと思ってるんだね、その区別は何故??

ワタシなんか、さっさと降りた口だし、この年でほかの道の選びようも無いワケだけど
もしもあのまま地元に留まっていたら、
きっと今でも親と一緒に暮らしていただろうなという予感はある。
近所に、中・高・大と一緒で、
そのあと地元で教職について、地元の人と結婚して、3人のお子さんに恵まれ
(しかもその3人ってのがすげー優秀なんですって)
折りあるごとに親元に顔を出す孝行娘がいるんだけど
うちの母にとっては彼女こそが娘の理想像なんだよね。
ワタシが実家に帰る度に○ちゃんちはね、と羨ましそうにいろいろ話てくれるんだけど
ごめん、おかあさん、○ちゃんとワタシは違うのよ
22のときにワタシはその道を降りてしまったの、そしてもう絶対に戻れないの
いい加減、その呪縛からワタシを開放してくれませんか・・・


そして我が意識はふっと現実に戻るのだ。
息子たち、親に縛られる人生はだめだよ
といいつつ、時々ひどい言葉をぶつけては君たちを傷つける母としてのワタシに。
・・・・あー、自己嫌悪


すみません、なんか朝からワケワカメな話でしたね。
夜、読み返して不愉快になったら削除するかも・・・

☆本日の和みフォト
ま、たまにはね、和まないと。
http://www1.bbiq.jp/garakutado/image3/0506neta2.jpg

【2004/05/07 11:31】 | 未分類 |

別物
りー
うちの母は、結婚相手に出した条件が3つあって
1.公務員
2.跡取でないこと
3.色白、できれば長身
お見合いでこれを満たしたのが父だったのだそうで
年齢差はかなりありますが、結婚するのに躊躇はしなかったそう。
若い頃はそれなりにいろいろトラブったらしいけど、
来年は金婚式ということ思うと、選択は間違ってなかったということかしら。
コイビトはこんな風な条件では選びませんよね。
結婚と恋愛はやっぱり違うと思う
それが一緒だと言いきれるのはシアワセな人なんだわ、きっと。
30代マダムをターゲットの本をちらちら読んでいたら
「我慢したくないなら結婚なんてすべきじゃない」という文がありました。
生きていく上で他人と関わるのを最小限に保とうと思えば
自分の時間やその他のものを削らなくちゃならない結婚なんて
しなくてもいいかもとは思います。
子どもに関して言えば、伴う責任が大きいから簡単には言えないけど
結婚っていうことであれば、1度やってみたらどう?とは言える気がするわ。
人それぞれ、相性だの適性だのって体験しなくちゃわからないこともあるだろうしね。
っていうか、ボヤキさま
あなたの場合は絶対に並のオトコじゃ勝負できませんって。
10人が10人ともそう思ってるに違いないわ(確信)


ワケワカメはボヤキ
負け犬組
3LDKのマンションを買った友人と久しぶりに食事をしたけど、
2時間そこそこでおひらきに。
最近できたカレシからメールがあったのが原因。
今でもあるのに驚いた「ねるとん」で知り合ったらしい。
「もう容姿・年齢他なにも問わず!」
とりあえず、子供が欲しい、結婚がしたいと話す彼女。
まあ彼女が言うように今後給料が上がるのは難しいし、
ずーっと雇ってくれる保証だってないもんね(と言われ言い返せなかったよ)。
10年前は結婚願望の強い友達を2人で「寂しい人生よね」なんて言ってたのに...アノ頃は「リストラ」なんて言葉、まだなかったか(笑)。
「負け犬」結構当たってるかも知れません。
まあマンション購入後数ヶ月経って、ローンの苦しみを実感しているところだからかもしれないけど(笑)。
某歌手がHPで「(彼女が住んでいる)アメリカでは‘子供はまだ?’なんてプライベートな質問はしない」って書いてあったとか。
私もそう思っていたけど案外そんなことないんだよね。
夢中になってるNYが舞台の米テレビドラマでも
キャリアウーマンが子供の頃から生まれてきた子につけようと思っていた名前を親友に取られて文句を言ったとき「あなたは子供がいないし」と親友の隣人の妊婦が言ったのを見ても
10人の子供20人以上の孫がいるアメリカの田舎に住んでいるパパにも「いつかは結婚するよね?孫の顔が見たいよ」とメールで心配されたときも「負け犬」気分は味わったかもです。
結婚してないと昇給昇格に響くっていうのはイマドキなさそうだけど
「男は結婚して一人前」ってまだ残ってるみたいですね。
親(嫁)としても結婚させるまでが義務のようだけど?
大家さんも息子の30歳の誕生日までにはなんとかしたいって
結婚相談所に通ってました(笑)。
実家の近所に住む幼馴染の○ちゃんが、
ウチの前を子供を連れて歩いていたとか、
二人目が出来たらしいよとか、
ウチの母もうるさいときがありましたわ。
家からでなければ、その可能性はあったかもしれないけど
ホント、○ちゃんとは違うんだから!って私も言ったよ(笑)。
どうして女の子は手元に置いておきたいのかしら。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
別物
うちの母は、結婚相手に出した条件が3つあって
1.公務員
2.跡取でないこと
3.色白、できれば長身
お見合いでこれを満たしたのが父だったのだそうで
年齢差はかなりありますが、結婚するのに躊躇はしなかったそう。
若い頃はそれなりにいろいろトラブったらしいけど、
来年は金婚式ということ思うと、選択は間違ってなかったということかしら。
コイビトはこんな風な条件では選びませんよね。
結婚と恋愛はやっぱり違うと思う
それが一緒だと言いきれるのはシアワセな人なんだわ、きっと。
30代マダムをターゲットの本をちらちら読んでいたら
「我慢したくないなら結婚なんてすべきじゃない」という文がありました。
生きていく上で他人と関わるのを最小限に保とうと思えば
自分の時間やその他のものを削らなくちゃならない結婚なんて
しなくてもいいかもとは思います。
子どもに関して言えば、伴う責任が大きいから簡単には言えないけど
結婚っていうことであれば、1度やってみたらどう?とは言える気がするわ。
人それぞれ、相性だの適性だのって体験しなくちゃわからないこともあるだろうしね。
っていうか、ボヤキさま
あなたの場合は絶対に並のオトコじゃ勝負できませんって。
10人が10人ともそう思ってるに違いないわ(確信)
2004/05/13(Thu) 14:47 | URL  | りー #79D/WHSg[ 編集]
ワケワカメはボヤキ
3LDKのマンションを買った友人と久しぶりに食事をしたけど、
2時間そこそこでおひらきに。
最近できたカレシからメールがあったのが原因。
今でもあるのに驚いた「ねるとん」で知り合ったらしい。
「もう容姿・年齢他なにも問わず!」
とりあえず、子供が欲しい、結婚がしたいと話す彼女。
まあ彼女が言うように今後給料が上がるのは難しいし、
ずーっと雇ってくれる保証だってないもんね(と言われ言い返せなかったよ)。
10年前は結婚願望の強い友達を2人で「寂しい人生よね」なんて言ってたのに...アノ頃は「リストラ」なんて言葉、まだなかったか(笑)。
「負け犬」結構当たってるかも知れません。
まあマンション購入後数ヶ月経って、ローンの苦しみを実感しているところだからかもしれないけど(笑)。
某歌手がHPで「(彼女が住んでいる)アメリカでは‘子供はまだ?’なんてプライベートな質問はしない」って書いてあったとか。
私もそう思っていたけど案外そんなことないんだよね。
夢中になってるNYが舞台の米テレビドラマでも
キャリアウーマンが子供の頃から生まれてきた子につけようと思っていた名前を親友に取られて文句を言ったとき「あなたは子供がいないし」と親友の隣人の妊婦が言ったのを見ても
10人の子供20人以上の孫がいるアメリカの田舎に住んでいるパパにも「いつかは結婚するよね?孫の顔が見たいよ」とメールで心配されたときも「負け犬」気分は味わったかもです。
結婚してないと昇給昇格に響くっていうのはイマドキなさそうだけど
「男は結婚して一人前」ってまだ残ってるみたいですね。
親(嫁)としても結婚させるまでが義務のようだけど?
大家さんも息子の30歳の誕生日までにはなんとかしたいって
結婚相談所に通ってました(笑)。
実家の近所に住む幼馴染の○ちゃんが、
ウチの前を子供を連れて歩いていたとか、
二人目が出来たらしいよとか、
ウチの母もうるさいときがありましたわ。
家からでなければ、その可能性はあったかもしれないけど
ホント、○ちゃんとは違うんだから!って私も言ったよ(笑)。
どうして女の子は手元に置いておきたいのかしら。
2004/05/09(Sun) 23:03 | URL  | 負け犬組 #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。