上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマは「趣味について考える」

ちょっと前のことだが、
とある殺人事件を起こした青年に関して、知人のコメントで
「そういえばたしかに彼は、時々オタク的な発言をしていた」と言うのがあった。
・・・オタク的発言・・・それって、ヤバイのかしら。

わが身をふりかえって考える。
もしも私が何かやらかしたら、
そういえばリーさんってオタクだったわと言われてしまうんでしょうか?
・・・ぎく・・・

っていうか、別に気にしなくてはならないことは何もやってませんが
(たぶん・めいびー・ぷろばぶりー)
ウシロユビ指されそうな趣味はいくつかあるような無いようななので
ちびっと気になってしまうのよね。
さされるのは年齢不相応だという、その一点に尽きるのだけど。
っていうか公序良俗に違反してるシュミは何一つありませんが(力説)
その昔、うしろゆびさされ組だったっけか、そんなグループもあったけど
私は絶対さされたくありません、だっていい年した外見普通のヒトヅマだもーん。

なのに昨日は、フィギュア漁りしてきちゃったです、モンコックで。
だけどそれは一緒に行った、一見普通のSちゃんが買ったからですよー
最初に手を伸ばしたのは私じゃありません。

日本じゃオマケで売られてるような
例えばペプシについてたスニーカーコレクションだとかスターウォーズコレクションだとか
そういうのがこちらじゃ一まとめにして見える形で売られてることが多い。
たぶんオマケを造る工場が中国にあるせいだと思うけど
いちいち箱を買って開けなくて済む分、効率的だよね(開ける楽しみが無いとも言うが(笑)


☆子どもの習い事
夕方、ドリルの騒音が落ち付くと、どこかの家から
あまり上手でないピアノの音が聞こえることがある。
どんな子が弾いてるんだろうと、ちょっと耳をすませてみたり。

私自身は、幼稚園の頃から小学校の4年生までピアノを習った程度だったのだが
そのくらいでも楽譜が読めるくらいにはなっていた。
楽譜が読めると、結構便利で、自分ではいろいろ役に立ったと思ったし
子どもが生まれたら何か楽器がひとつくらい弾けると楽しいから
何か習わせてやりたいという希望はあった。

が。
子どもの数も3人になると親の懐具合も影響して
そうそう何でも習わせてやるわけにはいかないのだよね。
上の二人にはピアノを習わせたので、彼らは楽譜が読めるしそこそこ弾ける。
次男が、寮生活で一番楽しいのは
休みの日に音楽室のピアノを引くことだとメールをよこして来たし
二人はギターも適当にやっているらしい。
音楽が気分転換っていうのは、よいことだと思うわ。

可哀想なのは何も習わせてもらえなかった三男。
彼がどうしてもやりたいと言った空手と、生活上必要になると思われる水泳以外は
何も習い事をさせてやらなかったのを、ホントに悔やんでおります。
ごめんよ、三男。

ツレアイは小さい頃バイオリンを習っていたそうで
ホントは私もバイオリンをやらせたかったのだが
あれって、近所迷惑もいいとこなんだよね、へたくそが弾くと。
騒音が音楽になるまでの期間が待てなくて、ピアノになったわけなんだけど(笑)


どこかの子の弾くピアノ、今日はベートーベンのトルコ行進曲でした。
もう少し上手になってくれると、なんという曲家の識別も早くできるんですけどね(笑)
積み重ねが大事だよ、毎日頑張っておくれ、と思う夕暮れ時なんでありました。

【2004/03/24 00:07】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。