上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村下孝蔵さんの「初恋」 ご存知ですか?


ここのところ、騒音のおかげで、映画づいている。
ヘッドフォンで映画を見るくらいしか、時間の潰しようがないからね。
昨日は反町&アンディ・ラウのフルタイムキラーを見た。
今たぶん日本で上映中のヤツです。
こちらじゃ一昨年くらいに公開されて、すでにDVDも発売中。

感想は・・・感想ねえ
アジアをまたにかけるナンバーワンの殺し屋が
日本語しか喋らないってのはどうよ、とか、そのヘン、かな。
ロケはすごいですよ、クアラルンプル・シンガポール・バンコク・マカオに香港
トーキョーetcですもの。
アンディ・ラウのプロ根性も垣間見ることができます。
ケリー・リンは日本語が上手いなあ。
アンディも頑張ってるんだが・・日本語って難しいのね。
反町の役を何故金城にやらせなかったのか、そこらが非常に不満でした。
やっぱり言葉は重要だよ。

本日「はつ恋」
この手の映画は、ここが落とし所だとわかっていながらやっぱりはまってしまうのが情けない。
自ら飛び込む私が情けないのか・・・そうなのか(笑)
親世代の設定が自分と似ているためか、異常に感情移入してしまって困った。
なっちゃん@田中麗奈のまっすぐさが心地よかったです。
私には、発病してもここまで真剣にやってくれる娘がいないのが非常に残念だが。
情けない中年男のはずの真田広之の腹筋が割れていても
その辺は見逃してあげようと思ったわ(笑)
涙ぽろぽろ日曜日、な一日でした。

が、これがじゃあ2時間ドラマじゃいけないのかっていうと
そうでもないところが邦画の限界なのかしらねえ。。。


髪を切りにいかなくてはならない。
どうにもこうにも限界の中途半端な長さだ。
年々やせ細る髪をさわると、もう長く伸ばすのは無理だと思う。
母方の遺伝のおかげで、白髪はまだ数本に留まっているが
それもいつまで続くことやら。
美容院に行くと、必ず、「カラー入れませんか?顔回りが明るくなりますよ」
と勧められるのがうざいんだよね。
たしかに顔色は日々くすんできてる。
ここ1.2年、いろいろ子ども関係その他で気を揉むことが続いたせいか
ものすごいスピードで自分が老けているのを実感することが多い。

病は気から、老いも気から?あーあ。。。。

なんて気持ちになるのも、はつ恋なんていう映画を見てしまったせいでしょうか(^^;


今日は幼馴染の誕生日だった。
幼馴染と要ってもなまじの関係じゃないのよ。
2歳前後から両親同士が知り合いで(同職場だったため、同じ社宅にいた)
それ以来40年以上にわたって、親子ともどものお付き合い。
長いです。
お互い転勤族で、九州管内はおろか、あちらは東京にも転勤していたのにも関わらず
私は彼女と中学・高校が同じ、あ、学部は違うが大学もだ。
高校のときは一緒のクラスだったし、彼女は、うちに2年間下宿していたし。
うちは3人、あちらは4人の子持ちになったけれど
会うと○○ちゃん、の世界に戻れるんだよね。

二人とも、16歳までは関門海峡を超えたこともなかったのに
今私は香港、あちらも関東の生活・・・思えば遠くへ来たもんだ、しみじみ

【2004/02/22 21:00】 | 未分類 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。